決算!忠臣蔵

  • 全国順次ロードショー
  • 2019年 日本映画 125分

2019年11月22日公開

決算!忠臣蔵

歴史的事件に隠された“お金”の話

誰もが知っている年末行事のような“忠臣蔵”を新しい視点で徹底的に突き詰めた時代劇コメディ。監督・脚本を「殿、利息でござる」の中村義洋が、史実に沿いながら、いかに討ち入りにはお金がかかるのかを、現代の金額に直して赤穂浪士の姿を滑稽に描いている。

元禄14年、赤穂藩君主・浅野内匠頭は、吉良上野介の人傷騒ぎが起こし責任をとって切腹、藩はお取り潰しとなる。筆頭家老・大石内蔵助ほか家臣らは君主のため、仇討ちを誓うのだが、残された予算は現在の貨幣価値で9500万円しかなかった。そんな厳しい財政状況を知らない世間は討ち入りを期待する、内蔵助とそろばん侍・矢頭長助の葛藤はMAXに・・・。討ち入りのチャンスは1度きり。予算内で仇討を成功させる作戦とは・・・。

討ち入りにはお金がかかる。藩士たちの毎日の生活費、江戸までの往復旅費、その他諸々、予算内で納めるため人員整理、何かといえばソロバンを弾く。決行の夜、最後の晩餐ともいえる蕎麦屋でのシーンの生活感に笑ってしまった。

  • 監督:
    中村義洋
  • 出演:
    堤真一
    岡村隆史
  • 配給:
    松竹
© 2019「決算!忠臣蔵」製作委員会