カツベン

  • 全国ロードショー
  • 2019年 日本映画 127分

2019年12月13日公開

カツベン

サイレント映画時代のスターは、活動弁士だった!!

毎回気になるテーマを探してくる周防監督が今回選んだのが活動弁士の話。映画が出来たばかりのサイレントの時代、映像に音をその場で演奏し映画を説明しまくる弁士。映画を観る前に体験したサイレント映画は、小さい頃観たテレビでチャップリンなどの喜劇映画だった。音楽はあるがセリフはすべて字幕で弁士入りの映画は観たことが無かった。 当時の弁士は憧れの職業で主人公俊太郎も子供の頃から真似をし、大人になってからも憧れは消えず、地方の劇場で有名弁士を語り詐欺の仲間として警察に追われることに。そして流れ着いたのが、小さな町の冴えない靑木館。隣町にできたライバル映画館にお客も人材も取られ、人材不足で弁士として入ったつもりが、毎日雑用ばかり。安穏な日々は続かず俊太郎はどんどんと騒動に巻き込まれていくのだった・・・。

主役以外の脇役はすべて周防組の俳優ばかりで、安定したお笑いを提供するがインパクトを残したのは新参者の音尾琢真だった。正月映画に相応しいコメディ映画である。

  • 監督:
    周防正行
  • 出演:
    成田凌
    黒島結菜
  • 配給:
    東映
©2019「カツベン!」製作委員会