映画トピックス

2019年01月23日

2019年(第91回)アカデミー賞ノミネート一覧 ─ 作品


2019年2月24日(米国時間)、第91回アカデミー賞の授賞式が開催されるが、本日
各部門のノミネート作品と候補者が一挙発表された。

注目される「ROMA ローマ」は10部門ノミネート、「アリー スター誕生」「バイス」の8部門ノミネート。作品最高レベルと称された「グリーンブック」、日本で大ヒットしている「ボヘミアン・ラプソディ」は、ともに5部門ノミネートされている。

作品賞
『アリー/ スター誕生』『ブラック・クランズマン』『ブラックパンサー』
『ボヘミアン・ラプソディ』『女王陛下のお気に入り』『グリーンブック』
『ROMA/ローマ』『バイス』

監督賞
アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
ヨルゴス・ランティモス『女王陛下のお気に入り』
アダム・マッケイ『バイス』
スパイク・リー『ブラック・クランズマン』
パヴェウ・パヴリコフスキ『COLD WAR あの歌、2つの心』

主演男優賞
ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』
クリスチャン・ベール『バイス』
ブラッドリー・クーパー『アリー/ スター誕生』
ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』
主演女優賞
グレン・クローズ『天才作家の妻 40年目の真実』
レディー・ガガ『アリー/ スター誕生』
メリッサ・マッカーシー『Can You Ever Forgive Me?(原題)』
ヤリッツァ・アパリシオ『ROMA/ローマ』

助演男優賞
マハーシャラ・アリ『グリーンブック』
アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』
サム・エリオット『アリー/ スター誕生』
リチャード・E・グラント『Can You Ever Forgive Me?(原題)』
サム・ロックウェル『バイス』

助演女優賞
エイミー・アダムス『バイス』
マリナ・デ・タヴィラ『ROMA/ローマ』
レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』
エマ・ストーン『女王陛下のお気に入り』
レイチェル・ワイズ『女王陛下のお気に入り』

長編アニメーション賞
『インクレディブル・ファミリー』
『犬ヶ島』
『未来のミライ』
『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『スパイダーマン:スパイダーバース』

外国映画賞
『Capernaum(原題)』(レバノン)
『COLD WAR あの歌、2つの心』(ポーランド)
『ROMA/ローマ』(メキシコ)
『万引き家族』(日本)
『Never Look Away(原題)』(ドイツ)

人気作品

1 ターミネーター:ニューフェイト
2 IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
3 映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
4 ジョーカー
5 マチネの終わりに
6 ひとよ
7 マレフィセント2
8 Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆
9 世界から希望がきえたなら
10 閉鎖病棟 それぞれの朝

11/9~11/15 興行通信社調べ

シネマセレクト年間ランキング

洋画部門

1 グリーンブック
2 マンハッタン・ラプソディ
3 僕のワンダフルライフ
4 ファントム・スレッド
5 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
6 新感染ファイナルエキスプレス
7 運び屋
8 ブラック・クランズマン
9 パットマン 5憶人の女性を救った男
10 ナポリの隣人
10 アリー スター誕生

邦画部門

1 万引き家族
2 日日是好日
3 半世界
4 愛しのアイリーン
5 孤狼の血
6 焼肉ドラゴン
7 空飛ぶタイヤ
8 雪の華
9 夜明け
10 母さんがどんなに僕を嫌いでも
10 生きてるだけで、愛

2018年4月~2019年3月