映画トピックス

2019年01月23日

2019年(第91回)アカデミー賞ノミネート一覧 ─ 作品


2019年2月24日(米国時間)、第91回アカデミー賞の授賞式が開催されるが、本日
各部門のノミネート作品と候補者が一挙発表された。

注目される「ROMA ローマ」は10部門ノミネート、「アリー スター誕生」「バイス」の8部門ノミネート。作品最高レベルと称された「グリーンブック」、日本で大ヒットしている「ボヘミアン・ラプソディ」は、ともに5部門ノミネートされている。

作品賞
『アリー/ スター誕生』『ブラック・クランズマン』『ブラックパンサー』
『ボヘミアン・ラプソディ』『女王陛下のお気に入り』『グリーンブック』
『ROMA/ローマ』『バイス』

監督賞
アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
ヨルゴス・ランティモス『女王陛下のお気に入り』
アダム・マッケイ『バイス』
スパイク・リー『ブラック・クランズマン』
パヴェウ・パヴリコフスキ『COLD WAR あの歌、2つの心』

主演男優賞
ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』
クリスチャン・ベール『バイス』
ブラッドリー・クーパー『アリー/ スター誕生』
ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』
主演女優賞
グレン・クローズ『天才作家の妻 40年目の真実』
レディー・ガガ『アリー/ スター誕生』
メリッサ・マッカーシー『Can You Ever Forgive Me?(原題)』
ヤリッツァ・アパリシオ『ROMA/ローマ』

助演男優賞
マハーシャラ・アリ『グリーンブック』
アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』
サム・エリオット『アリー/ スター誕生』
リチャード・E・グラント『Can You Ever Forgive Me?(原題)』
サム・ロックウェル『バイス』

助演女優賞
エイミー・アダムス『バイス』
マリナ・デ・タヴィラ『ROMA/ローマ』
レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』
エマ・ストーン『女王陛下のお気に入り』
レイチェル・ワイズ『女王陛下のお気に入り』

長編アニメーション賞
『インクレディブル・ファミリー』
『犬ヶ島』
『未来のミライ』
『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『スパイダーマン:スパイダーバース』

外国映画賞
『Capernaum(原題)』(レバノン)
『COLD WAR あの歌、2つの心』(ポーランド)
『ROMA/ローマ』(メキシコ)
『万引き家族』(日本)
『Never Look Away(原題)』(ドイツ)

人気作品

1 一度死んでみた
2 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒BIRDS OF PREY
3 仮面病棟
4 パラサイト 半地下の家族
5 Fukushima50
6 弥生、三月-君を愛した30年-
7 犬鳴村
8 PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR
9 スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
10 ミッドサマー

3/28~4/3 興行通信社調べ

シネマセレクト年間ランキング

洋画部門

1 ジョーカー
2 パラサイト 半地下の家族
3 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
4 ピーター・ルー マンチャスターの悲劇
5 1917命をかけた伝令
6 レディ・マエストロ
7 存在のない子供たち
8 ガーンジー島の読書会の秘密
9 ライフ・イット・セルフ未来に続く物語
10 アラジン

邦画部門

1 長いお別れ
2 凪待ち
3 ある船頭の話
4 閉鎖病棟それぞれの朝
5 今日も嫌がらせ弁当
6 Fukushima50
7 初恋
8 ロマンスドール
9 新聞記者
10 キングダム

2019年4月~2020年3月