映画トピックス

2019年04月09日

アカデミー賞監督ダニー・ボイル『YESTERDAY(原題)』秋公開 


『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞を8部門受賞したダニー・ボイル監督と、『ノッティングヒルの恋人』のイギリスを代表するロマンティック・コメディの巨匠脚本家リチャード・カーティスが贈る最新作は、音楽、夢、友情、そしてこれらすべてに対する深い愛が
ザ・ビートルズの名曲たちに彩られて描かれる『YESTERDAY(原題)』の秋公開が決定。

“もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまったとしたら!?”というユニークな設定から展開していく壮大なドラマに、世界的アーティスト、エド・シーランの出演と大きな話題を呼んでいる。

◆『YESTERDAY(原題)』ストーリー◆

“イエスタデイ<昨日>”まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。
しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ・・・
ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった!
ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。
幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、
音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、
ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが・・・。

『YESTERDAY(原題)』 
イギリス公開:6月28日(金)/日本公開:10月

■監督:ダニー・ボイル
(『トレインスポッティング』(96)、『スラムドッグ$ミリオネア』(08)、『127時間』(10)、ほか)
■脚本:リチャード・カーティス
(『フォー・ウェディング』(94)、『ラブ・アクチュアリー』(03)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、ほか)
■製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、
    リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
■製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
■出演:ヒメーシュ・パテル(「イーストエンダーズ」)、
    リリー・ジェームズ(『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』)、
    ケイト・マッキノン(『ゴーストバスターズ』)、エド・シーラン(本人役)

■配給:東宝東和 
■公開:10月 全国ロードショー
©Universal Pictures .

人気作品

1 一度死んでみた
2 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒BIRDS OF PREY
3 仮面病棟
4 パラサイト 半地下の家族
5 Fukushima50
6 弥生、三月-君を愛した30年-
7 犬鳴村
8 PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR
9 スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
10 ミッドサマー

3/28~4/3 興行通信社調べ

シネマセレクト年間ランキング

洋画部門

1 ジョーカー
2 パラサイト 半地下の家族
3 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
4 ピーター・ルー マンチャスターの悲劇
5 1917命をかけた伝令
6 レディ・マエストロ
7 存在のない子供たち
8 ガーンジー島の読書会の秘密
9 ライフ・イット・セルフ未来に続く物語
10 アラジン

邦画部門

1 長いお別れ
2 凪待ち
3 ある船頭の話
4 閉鎖病棟それぞれの朝
5 今日も嫌がらせ弁当
6 Fukushima50
7 初恋
8 ロマンスドール
9 新聞記者
10 キングダム

2019年4月~2020年3月