映画トピックス

2019年10月07日

映画『生理ちゃん』完成披露上映会


二階堂ふみ&伊藤沙莉&松風理咲&品田俊介監督完成披露上映会に集結、
生理ちゃんと一緒に「老若男女に向けての映画です!」 アピール!
今まで取り上げられることの少なかった「生理」をポップに擬人化し大きな話題を呼び、本年度の手塚治虫文化賞短編賞を受賞したコミック「生理ちゃん」。WEBメディア「オモコロ」で連載開始後女性たちから「共感しかない」と大反響を呼び、累計2,000万PV超えを果たし、今年の7月に第二巻「生理ちゃん 2日目」が発売された大ヒットコミックが、まさかの実写映画化!

11月8日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開に向けて完成披露上映会が行われ、主演の二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲、品田俊介監督がメイン館であるヒューマントラストシネマ渋谷に集結!

司会「まずはご挨拶をお願いします。」
二階堂ふみ、伊藤沙莉、松風理咲「本日は短い時間ですが、
楽しんでいってください。ありがとうございます。」
品田俊介監督「今日は足を運んでいただきありがとうございます。
感慨深いです。想像では女性の方ばかりかと思っておりましたが、
男性の方も沢山来て頂いて嬉しいです。」

司会「今回WEBコミックで人気があったものを実写化するに当たって、どんな事に心がけをしましたか?」
監督「原作を読んだときから、(自分は男なので)こちらの女性お三方含め女性スタッフに比べると生理ちゃんに対する理解度が浅いというのは仕方なく、準備の間にいつも以上に女性の知人や友達にリアルな恋や仕事の悩みや経験談を聞いて、作品に反映させるように心がけました。」
二階堂「今回“生理”という女性の体の中で起きる事をテーマにしているのですが、“男性対女性”という事ではなくて、一番大事なのは、自分とは違う人が抱えている悩みや苦しみを、自分のものさしで計るのではなく、なるべくその人に寄り添いながら理解してあげられたらいいのかな、と感じながら参加させていただきました。」
伊藤「(自らが演じた)りほという女性は自分に自信がなかったり、自分で自分に呪いをかけたりする役なのですが、そういうことを抱えた方々が、何か背中をポンと押される感覚を受け取れることができればいいな、と思って演じさせていただきました。」
松風「原作同様この映画も、“生理”というものをコミカルに明るく表現しているので、沢山の人にスッと見ていただける作品だと思います。ひかるは高校生の恋と受験と生理に悩みながら葛藤していく役で、私も当時受験の年だったので、リアルに演じられることを心がけました。」

司会「もしこの作品のように、自分の生理ちゃんがいつも自分の側にいたら、どうですか?」
二階堂「今日は涼しかったのでお互い気持ちよく一緒に過ごせると思うのですが、昨日みたいに暑い日に近くに居られるとちょっと嫌かもしれないです。(もし生理ちゃんに励ましてもらうならば)頑張れー!て言ってほしいです。」
伊藤「自分と一心同体だから、自分が感じた感情を全て担ってほしい。自分以上に怒ったりしてくれたら自分が楽かなと、常に感情をシェアしてくれたらいいなと思います。」
松風「今寮に住んでいるのであんまり家で喋ることがなく、独り言が増えているので、生理ちゃんに話し相手になってほしいです。あと朝起こしてほしいです。(笑)」

〜ここでスペシャルゲストの生理ちゃんが登場!〜

司会「こちらの生理ちゃんは実際に劇中に出てくる生理ちゃんですが、一緒に出演していかがでしたか?」
二階堂「最初は生理ちゃんを背負ったりするのが大変で、少しでも生理ちゃんの影が見えるとオッ!と思っていたのですが、終盤になってくると、もうあと何日で会えなくなるという寂しさがあったので、久々に今日お会いできて嬉しいです。」
伊藤「なんとも言えない表情で訴えかけられてくるので、いつも見守られて、心の支えでした!公園のデートシーンでも、遠くで小さな指でジェスチャーしてくれて、元気や勇気やプラスイオンを沢山もらい、癒されました。」
松風「私の生理ちゃんは小さかったのですが、二階堂さんの生理ちゃんは大きかったので、生理ちゃんにもたれて座っていらして、一心同体というか微笑ましかったです。」

司会「最後にご登壇の皆さまを代表して、監督と二階堂さんから、会場の皆さまへメッセージをお願い致します。」
監督「『生理ちゃん』は子供から大人まで幅広くいろいろな方に見ていただきたいので、もしこれを見てちょっとでもよかったと思われて、老若男女に関わらずいろんな方に伝えていただければと思います。本日はありがとうございました!」
二階堂「今日はこの映画に合うようなあたたかい舞台挨拶で、皆さんの笑顔を見ると、楽しめていただけたのかなと思いました。とても面白い作品になっていると思うので、また劇場へ足を運んでいただけたら嬉しいです、本日はありがとうございました。」

二階堂ふみ/伊藤沙莉 松風理咲 須藤蓮 狩野見恭兵 豊嶋花 信太昌之 藤原光博(リットン調査団)
中野公美子 鈴木晋介 広岡由里子 笠松伴助 小柳津林太郎 八木橋聡美 安藤美優 竹村仁志 田宮緑子 飯田愛美/岡田義徳
原作:小山健「生理ちゃん」(ビームコミックス/KADOKAWA 刊) 監督:品田俊介 脚本:赤松新
音楽:河内結衣 主題歌:「する」the peggies(Epic Records Japan)
制作:吉本興業/フジテレビジョン 制作プロダクション:フィルムメイカーズ 製作・配給:吉本興業 ©吉本興業 ©小山健/KADOKAWA
2019 年/日本/75 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル

外部サイトへのリンク

人気作品

1 ジョーカー
2 記憶にございません!
3 HiGH&LOW THE WORST
4 蜜蜂と遠雷
5 ジョン・ウィック:パラベラム
6 かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦-
7 天気の子
8 人間失格 太宰治と3人の女たち
9 HELLO WORLD
10 アナベル 死霊博物館

10/5~10/6 興行通信社調べ

シネマセレクト年間ランキング

洋画部門

1 グリーンブック
2 マンハッタン・ラプソディ
3 僕のワンダフルライフ
4 ファントム・スレッド
5 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
6 新感染ファイナルエキスプレス
7 運び屋
8 ブラック・クランズマン
9 パットマン 5憶人の女性を救った男
10 ナポリの隣人
10 アリー スター誕生

邦画部門

1 万引き家族
2 日日是好日
3 半世界
4 愛しのアイリーン
5 孤狼の血
6 焼肉ドラゴン
7 空飛ぶタイヤ
8 雪の華
9 夜明け
10 母さんがどんなに僕を嫌いでも
10 生きてるだけで、愛

2018年4月~2019年3月